お問合せ事例

フォルクスワーゲン ニュービートル 車検でのヘッドライト検査で光量不足を改善

この問い合わせ事例はお客様からではなく、弊社の社用車であるフォルクスワーゲンの2001年式ニュービートルでの体験記です。

 

弊社では車検毎に陸運局の検査ラインに持ち込んでユーザー車検を実施しています。なかでもヘッドライトの検査は鬼門で、丸く大きなニュービートルのライトも然りです。今回もヘッドライトの向きが不合格で光軸の調整後に再車検でしたが、次は明るさ(光量)不足により再度不合格となりました。

 

そこで、レンズ表面の燻みと小傷をケミカルで研磨します。使用したのは、黄ばみを簡単に除去する「ポリレンズ」と簡単にボディなどの表面を仕上げるドイツ製SONAX(ソナックス)の「スプレーポリッシュ」を使います。この2つの合わせ技で美しく透明度の高いレンズ表面に仕上がりました。

結果、大幅に不足していた光量が改善され無事に車検合格しました。

BMW E30型 M3 トランスミッションオイルとデフオイルのギアオイル選択

ドイツを代表する名車にはドイツを代表するオイルの組み合わせがしっくりきます。

今回は素晴らしい名車の油脂類でお問合せ頂きました。

当時はレースで勝つためのホモロゲーション仕様として登場した、BMWのM3(E30タイプ)のトランスミッションオイルとデフオイルのお問合せを頂きました。

E30やE36などのBMW3シリーズは、DEXRON ⅡD(デキシロンⅡD)規格のATFがミッションオイルとして指定されていたようです。粘度換算するとシングルの80あたり相当ですが、今回は最新の技術でより最適な選択として、E30のM3のミッションオイルにドイツ製リキモリ社の「LIQUI MOLY TOP TEC MTF 5200 75W-80」をご提案させて頂きました。

また、オイルガイドや純正相当では75W-140が適合デフオイルですが、より最適な選択「LIQUI MOLY ハイポイド ギアオイル GL5 LS 85W-90」も併せてご提案させて頂きました。

オイルガイドを利用して適合検索、クラシックカーなどの実際の使用データなど、登録顧客の業者様には最適なご提案をさせて頂いております。

ポルシェ マカン トランスファーからジャダーが発生する問題に対処

洗練されたスタイルの高級SUV「ポルシェ マカン」で20,000km程度と走行距離が少ないながらもトランスファーからジャダーが発生する問題でお問合せがありました。

 

対処方法として、ドイツ製リキモリ社のミッションオイル添加剤「ギアプロテクト」を純正フルードに添加してトランスファーボックスに注入したところ正常に改善されました。

 

ギアプロテクトは専用の注入器とノズルが付属品として箱に同梱されたセット商品としてパッケージされています。

アルファロメオ 147 GTA 3.2 V6 ドライブシャフトのインナーブーツの単品

今やネオクラシック世代になったものの人気の衰えない、アルファロメオの147GTAのドライブシャフトブーツ(CVブーツ)のインナーブーツは割とお問合せを頂くパーツです。

 

通常このブーツはメーカー供給の単品のパーツとしての設定が無く、ドライブシャフトアッセンブリーでの供給になります。

 

147と同様に、156/166/GTなどの2.5Lや3.2LなどのV6モデルに共通して使用できます。シャフト径の太い3.2Lの方は取付時にシリコンスプレー等を併用してゴムを伸ばして取付て下さい。

 

 

 

ランチア デルタ エボリューションのカムシャフトセンサーのリペアパーツ

伝説のWRCマシンとして一世を風靡したランチア・デルタのエボリューションで、エキゾーストのカムシャフトセンサーのお問合せがありました。今回は、型式[E-L31E5]のエボリューションⅡになります。

 

色々と故障の頻発する車種ですが、マニアには根強い人気ですが、供給が困難な部品もございます。

 

お問合せのカムシャフトセンサーは生産終了で廃番となってますが、内部のインナーパーツの交換部品で供給がございましたので、修理対応が可能でした。

LINE友だち追加QRコード

info@benechicparts.com 

メールアドレスまたは下記

フォームでお問合せ下さい。

メモ: * は入力必須項目です